ルイボスティーとは

0セダル 0セダル2

「ルイボス」とは、南アフリカの言葉で「赤い茂み」を意味します。

ルイボスティーは紅茶や緑茶とは全く種類が異なります。

 

豆科に属する低木で、松の葉のような針状の葉を発酵・乾燥

させたもので、学名をアスパラサス・リネアリスといいます。

針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。

南アフリカ共和国は西ケープ州のケープタウンの北に広がる

セダルバーグ山脈一帯にのみ自生する植物なのです。

2014-07-15 18.47.01

この葉を乾燥させて作る飲み物が「ルイボスティー

と呼ばれる健康茶の一種なのです。

 

現地の人々の間では、300年以上前から、「不老長寿のお茶」 

として、飲み続けられてきました。

ノンカフェインであり、抗酸化作用のあるSOD様酵素や、

ミネラルがたっぷり含まれていることなどから、いま、

健康茶・美容茶として、注目されています。

 

赤ちゃんからお年寄りまで、妊婦・授乳中の女性にも、

安心して飲んでいただけるルイボスティーは、無理なく続け

られる健康法であると同時に優雅な味わい深いお茶として、

世界中の人々から愛されています。

 

ルイボスティーの特徴

ルイボス4

 

カフェイン・ゼロ

赤ちゃんから、妊婦・授乳中の女性。お年寄りまで、

そして寝る前でも安心して飲めます。

優れたミネラルバランス

鉱物資源の豊かな大地で育ち、健康と美容に必要な

天然ミネラルが豊富に含まれています。

SOD様酵素を含む

老化や病気、免疫力の低下の原因とされる活性酸素を抑える

SOD様酵素を含んでいます。

さらに

ノンカロリー、糖質ゼロ、整腸作用など多くのメリットが

あります。

まろやかな味わい

苦味、渋みがなく、飲みやすいために、季節を問わずたっぷりと

飲めます。

 

おすすめルイボスティー

ルイボスティー

【ティーライフ 】

 

 

-特定商取引法に関する表示-

2015/10/10